せどり初心者はまず不用品販売をするべき。本番せどりに移れる不用品販売の方法とマインド

Amazonせどり

こんにちは♪ 最近、中古ホビー系にはまりつつある さるこです。

今回は、「せどりを今から始めてみたい!」というときに、何をしたらいいのか。

お伝えしますね。

はじめてのことって、やっぱり不安がたくさんです。

わたしも、最初、何もわからずドキドキしてました><

まったくの初心者なら、最初はまず、不用品販売からはじめましょう♪

たくさん学べることがあります^^

どんなことが学べるか、そしてそのために、どうしていくか、具体的手順お伝えしていきますね。

何個か実際に商品を売ることができれば、あなたは自信をもって次のステップにすすめるようになります!

せどり初心者のステップ① メルカリで不用品を売る!

「せどりをする」というと、何か商品を仕入れるところから始める感じがしますが、まずは元手ゼロの商品を利用しましょう♪

自宅で眠っている不用品ですね。

 

ちなみに、「中古品販売」をビジネスとしてやる場合には、「古物商許可証」というものが必要だったりします。

古物商許可についてはこちらをどうぞ。

個人でも古物商許可の資格っている?せどり・転売・メルカリ・オークション、徹底解説
こんにちは。今日も中古仕入れを楽しんでいるさるこです♪ 今日はちょっと面倒な法律のお話をしますね。 中古品を取り扱う場合、実は「古物商許可」という資格が必要です。 取得するには、営業所を管轄する警察署に届け出る必要があるん...

ですが、自分の不用品を売るのは、そういったものは必要ありません。

 

意外と、いろんなものが売れるんですよ~^^

さるこ自身の経験からいいますと、

 

使わなくなっちゃったアイロンとか。(外箱も取扱説明書も付属品もなしです!)

 

もらったけども使わない海外製の化粧品とか。(これは未使用品でした)

 

あ、食器も売りました!

家にあっても使わない、すっごい重厚な外国製のグラス。

これで晩酌したら腱鞘炎になりそうなグラスです^^;

もらったけれど未使用のまま眠っていたものですが、「こういうのでウイスキーを飲むと気分でる~」という人には、きっと、嬉しいものですよね。

 

不用品を売る目的は、次の3つ。

①「こんなの売れっこない・・・」という先入観をなくす。

②「実際にオンライン上で物を売ることができるんだ!」という実感を得る。

③ 今後商品を仕入れるための軍資金をためる♪

 

ついつい軍資金に目がいっちゃいますよね。

ですが実は、最初の①と②が大事だったりするんです。

というのも、①と②のマインドがないと、実際に仕入れて、せどりで稼ぐ、という次のステップにすすみにくいです。

 

「仕入れる」って、売れるか未確定なのに、先にお金を払う行為です。

いってみれば、投資です。

ちょと、コワイですよね。

なので仕入れるには、「仕入れたものがきちんと売れる」、という実感が必要なんです。

「損をするかもしれない」という気持ちがつよく残ったままだと、商品は仕入れられません。

 

また、無意識に「自分が欲しくないものは売れない」、と思っちゃいがちですが、この先入観をとることも大事。

というのも、中古ビジネスはいってみれば、「誰かのいらないものが、他の人の必要なもの」という図式でなりたっているからです。

 

売る場所ですが、初心者向けは、メルカリがオススメ!

スマホのアプリから出品できちゃいます。

まずはメルカリに登録して、出品してみましょう。

せどり初心者のステップ② 商品の相場を調べる

次にやるのは、「商品の相場」を知ること。

メルカリなら、最初に、売りたい商品を検索してみます。

 

すると、過去にいくらで売れたか、販売履歴をみることができます。

また、現在、何人がいくらで出品しているかもチェックします。

ここで、今まで誰も売れたことがない、とでれば、あなたの商品が売れる確率は低いです。

相場をチェックしながら、売れる不用品を見つけていきましょう。

 

このステップで学べることは、商品についてリサーチをすること。

リサーチでは、次のポイントが大事です。

①過去の相場(販売数、価格)

②現在のライバルについて(人数、価格、条件)

 

この商品リサーチは、メルカリでもアマゾンでもヤフオクでも、物を仕入れるときには必須です。

最近は個人でもネットで稼げていて、副業の人も、本業の人も、趣味感覚の人もいます。

「自分で物を売る」ことについて、プロと素人の境界がどんどん曖昧になってきています。

月にいくら以上稼いでいたら「プロ」など、いろんな分け方があるかもしれません。

 

ですが、さるこは、この「商品リサーチ」がきっちりできているかどうかがプロとアマの境目だと思います。

 

ちなみにヤフオクだったら、オークファンというサイトで、過去の相場を見れます。

買うときも売るときも オークファン -ヤフオクなどオークションの情報が満載
ヤフオク・楽天・amazonそれぞれのオークションやショッピングの商品を比較・検討できる「オークファン」。過去10年間のオークション落札価格・情報を網羅。カンタン出品・落札ツールなど、便利な機能を多数搭載!

また今度くわしく書きますね。

 

アマゾンだったら、モノレートです。

モノレートの見方は、こちらをどうぞ。

これができれば初心者もガンガン稼げる!アマゾン物販必須ツール モノレートの見方
【ゼロから稼げる中古せどり講座】のさるこです。 今回はAmazon物販で稼ぐためのウルトラ必殺ツール、モノレートについてお伝えしますね。 かつてせどりビジネスは、いわゆる「目利き」が自分の経験と勘で物を仕入れるものでした...

せどり初心者のステップ③ 出品してみる

ではいよいよ、商品を出品します。

写真をとって、商品の説明をつくります。

 

写真をとる、といっても、キレイにとる必要はありません。

スマホの写真で十分です。

 

ただ、買った人が安心できるように、いろんな角度から取ることがポイント。

付属品があれば、それもすべて取ります。

もし商品に傷があったり、なにか注意してほしいことがあったら、ぜひ、その部分を写真にとりましょう♪

あとから「こんなこと書いていなかった~!!」と購入者さんとトラブルになるのを防げます。

 

写真の背景ですが、メルカリだったら絨毯や畳の上でとっちゃったり、背後の壁が模様入りでも大丈夫ですが、アマゾン用であれば、白い布を買って、そのうえで撮影するといいです。

背後も白いほうがいいです。

 

布は、こんな感じの光沢感のあるものがオススメ。

https://item.rakuten.co.jp/tajima-ya/ake880-kw/?scid=af_pc_etc&&sc2id=af_113_0_10001868

 

ちなみに・・・さるこは最初100円ショップで買った白い模造紙を使ってました。

最初からきっちりそろえなくってもいいかな、と思います。

 

ちなみに今は、ちゃんと写真用スペースもあります(`・ω・´)

こちら♪

↓↓↓

台に白い布を置いているだけですが(*^_^*)

スソ部分をぬってすらいませんが、まあ、写らないとこなのでいいかなってことで。

 

写真を撮影したら、次に、商品の説明。

こちらは、以前売れた人のものを参考にさせてもらっちゃうといいです。

 

絶対いれたほうがよいポイントは、こちら。

① 付属品について

② キズや汚れなどの状態。キレイであれば「美品です」とアピールしましょう。

③ 動作に何か問題がある場合は、こちらも。問題ない場合は、「動作確認済」とアピール。

 

たとえば、こんな程度でも大丈夫です。

「付属品:USBケーブル、取扱説明書、キズなどなく美品です。動作確認済」

 

意外と③の動作について書いていない人がいますが、これ、自分が買う側だったら、大事ですよね!

売れている商品には③がはいっていますし、いれていないと、コメントで質問がきたりします。

私は、販売する以上、お店で動作確認をしていればいいですが、そうでない場合は、自分で動作確認するのは必須だと思います。

 

もし動作を確認できない場合には、「〇〇のため、動作未確認」としておくとよいです。

こういうところで誠実に書いておくと、購入後のトラブルを防げますよ。

 

商品そのものに関する説明については、あまり書かなくてもいいかと思います。

中古で買うぐらいなので、その商品については知っている場合が多いですし、ググれば製品ページはでてきます。

 

ちなみに、メルカリで外部サイトのURLを貼るのは、あまりお勧めできません。

メルカリに製品説明のページなどのURLをはると、「不明な外部サイトへのリンク」ということで、出品ページを保存できません。

ヤフオクではできますが、リンクをクリックすると、「安全かわからない外部サイトにいきますがいいですか?」という警告ページになります。

 

写真と商品説明がそろったら、アップできます。

ちなみに「送料」は、メルカリは、出品者が払う場合が多いので、売るためには、そうしておくことをおすすめします。

ヤフオクでは、購入者が送料負担するケースが多いです。

プラットフォームによってちょこっとずつ、文化が違うんです。

せどり初心者のステップ④ 売れた後

次に、売れたあとの処理。

購入されると、アプリやメールに連絡がきます。

購入者さんにお礼をいって、商品を発送しましょう♪

 

すべての取引が終わると、購入者さんから評価がはいります。

あなたも、相手に対して評価をします。

 

「良い」「普通」「悪い」の3段階ですが、通常は「良い」を選びます。

このあたりは、ヤフオクも同じ。

ヤフオクのほうが評価が細かくつけれて、「非常に良い」があります。

さるこは通常、こちらを使います。

個人取引なので、お互い、良い評価がほしいですよね。

なので、特に問題なければ、積極的に相手に一番良い評価をしていきましょう!

 

ただ・・・万が一取引に問題があった場合には、評価はストップしておきましょう。

あまりないことですが。

「評価をする」=「無事取引が終わった」と解釈されてしまいます。

なにか問題があっても、事務局にサポートを求めるときに面倒になります。

注意してくださいね。

 

ちなみにアマゾンは、当然ですが、出品者がお客さんを評価することはありません。

また購入者からの評価・レビューは、それほどもらえません。

ですがレビューが入らないと、「新品出品者」のままです。

こういう★★★★がはいりません・・・

とりあえず、購入後、自動的に「サンクスメール」を送る設定して、評価をもらえる仕組はつくっておきましょう。

こちらはまた今度、お伝えしていきますね。

 

最後に売上金について。

メルカリの場合は、メルカリ内に売上金が残ります。

このお金を使って他の商品を買ってもいいですし、自分の銀行口座にうつしてもOK

口座にうつす場合には、1万円未満の場合、たしか210円ぐらいだったと思いますが、手数料がかかります。

まどめ:せどり初心者のステップ

今回は、せどり初心者のための不用品販売の方法、お伝えしました。

①まずは自宅の不用品を準備

②リサーチをしてその不用品が売れるかチェックする

③写真撮影と商品説明を準備して実際に売ってみる

④売れたら評価をつける

不用品をいくつか売って売るものがなくなったら、いよいよ、仕入れにチャレンジしてみましょう。

次回はアマゾンへの登録方法を書きますね。

 

ちなみに不用品の販売については、元手ゼロなので、損をすることはまずないです。

実際に販売するときは仕入れ金額+プラットフォームへの手数料(売上金の10%)+商品の送料も考えて、利益がでるかどうか、判断していきましょー♪

 

saruko
saruko

不用品販売って簡単そうに聞こえるかもしれませんが、じつは、大きな一歩です!

実際に行動してみることで、確実に、次へのステップに進めます。

まずは「なにかいらないものないかな~」と、おうちのなかを見回してみてくださいね^^

 

コメント