Amazon物販で必ず知っておくべきヘルビ規制★見えないトラップを察知する方法

Amazonせどり

こんにちは。【ゼロから稼げるアマゾン中古せどり講座】のさるこです。

アマゾンでは様々な商品を売ることができますが、物販初心者の人は「ヘルスアンドビューティー」、通称「ヘルビ」というカテゴリーがおすすめとされています。

化粧品とか、ドラッグストアに売っているような商品ですね。

理由は、小さいので送料があまりかからないこと、また専門知識もいらないためです。

私も最初はそこからはいってみましたが・・・しょっぱなから、やけどをしました!!

 

初心者におすすめどころか、初心者はこのカテゴリーをさけたほうがいいです。

理由は、無言のメーカー規制のトラップが満載だからです。

うっかりトラップを踏んでしまうと、しょっぱなから、あなたのアカウントを危険にさらすコワイ事態になりかねません。

そんなことにならないようにヘルビ規制のトラップの見抜き方、対処法をお伝えしますね。

アマゾン物販にひそむ規制とは?

最初に、「アマゾン物販にひそむ規制」について、あらためてお伝えします。

 

アマゾン物販は参入障壁が低い、稼げる「ビジネス」として人気です。

最初は古本転売がメインでしたが、現在は、ありとあらゆるものが扱われています。

すぐに始められるので意外と軽んじられてしまいますが、実は、4つの恐ろしい規制があります。

規制をやぶると、最悪、アマゾンのアカウント剥奪、通称「垢バン」というペナルティが訪れます。

在庫品をかかえたうえ、売上金の振り込みもストップしてしまうのです。

もし生活のためにアマゾン物販をやっていたとしたら、すぐにも暮らしに困る状況におちいってしまいます(>_<)

 

規制の大事さ、お分かりいただけたでしょうか?

最初は「稼ぐこと」「稼げる方法」にばかり目がいきがちですが、レッドカードをもらって退場となったら、すべて終わりです。

あなたがAmazon物販を続けたいと思うなら、ぜひ最初に「規制」について、知っておいてくださいね。

 

具体的には、大きく分けて、つぎの4つの規制があります

① 法律的な規制

② Amazonによる規制

③ メーカーによる規制

④ メーカーによる無言の規制

アマゾンの規定だけ読んでいても、残念ながら気づけない規制が結構あるわけです。

今回は、そのなかでも特に分かりにくい④について、お伝えしていきますね。

メーカーによる無言の規制

これは、出品前に知るすべもなく、アマゾンのルールに何も抵触していないにも関わらず、出品したあとに、メーカーから「出品を今すぐとりやめて!」と連絡がくるものです。

メーカー側がブランドイメージを守るため、あるいは価格をコントロールするため、きちんと目をひからせているわけです。

こうなったら、抵抗してはいけません。

下手なことをしたら、訴訟にいたることだってあります。

おとなしく出品をとりやめましょう。

 

こういったメーカーによる無言の規制が多くひそんでいるのが、「ヘルスアンドビューティー」というカテゴリー。

 

「そんなの、事前に知る手立てがないじゃん!」・・・と思いがちですが、実は、事前に察知することが可能です。

まずは、「Amazon 規制 ヘルビ」でぐぐってみてください。

 

出品してはキケンなメーカー・商品名を教えてくれるブログをいくつか見つけられます。

 

ただ・・・残念なことに、こういったブログを見れば絶対大丈夫、とはいいきれません。

いまの最新の状況までは反映されていないからです。

 

そこで、商品ページから見抜けるとっておきの方法も教えちゃいますね。

 

商品名・出品者から規制がある商品を察知

一番簡単に見抜けるのは、このパターン。

人気がある売れ筋商品なのに、出品者が1人だったりしたら、これはもう、アヤシイです。

また商品名に「正規代理店」とあるのも危険です。

「ここに入ってこないで!!」という空気がただよっていますね^^;

 

【出品規制がありそうな商品の記載例】

もし利益が取れる商品を仕入れられそうだとしても、参入するのはあきらめましょう。

モノレートの波形から規制がある商品を察知

では、ぐぐっても「規制のあるメーカー」一覧にはでてこず、正規代理店とも書いておらず、他にも売っている人がたくさんいる場合、「なら大丈夫!」かというと、そうでもないんです。

こういったメーカーを見抜くには、ずばり、モノレートで出品者数を確認すること。

 

モノレートは「何が売れるか」を仕入れるツールとしても必須の武器ですが、こういったキケンな規制を察知することもできる、とってもありがたいツールなんです。

 

モノレートの基本の見方はこちらをどうぞ。

これができれば初心者もガンガン稼げる!アマゾン物販必須ツール モノレートの見方
【ゼロから稼げる中古せどり講座】のさるこです。 今回はAmazon物販で稼ぐためのウルトラ必殺ツール、モノレートについてお伝えしますね。 かつてせどりビジネスは、いわゆる「目利き」が自分の経験と勘で物を仕入れるものでした...

 

今回は、「規制」がかかるかどうかを知るために、モノレートの「出品者数」をみます。

ちなみにこれは、規制がある商品の出品者数の波形です。

 

【規制がある商品のモノレート出品者数例】

 

短期間にこんなふうに一気に出品者数が減っていたりするって・・・どういうことでしょう?

 

もちろん、「単に商品が売れているから」とか、いろんな理由で出品者数は減っていきます。

ただ、他の商品と同じぐらいの売れ行きなのに、どうも不自然に出品者が減っているとしたら・・・「この時期、メーカーの規制がはいって、出品をとりさげた出品者が続出した」と、推理できませんか?(lll ̄□ ̄)

 

実は私は、アマゾン物販をスタートしてすぐ、こういった商品を仕入れてしまったことがあります・・・

今はほぼ中古しか扱いませんが、はずかしながら、最初は何も考えず、ルールもちゃんと研究していなかったんです><

 

仕入れたあとに気づき、すんでのところで出品をせずにすみました。

なので、かる~いやけどで済みました。

 

ただ、もし出品したとしても、メーカー側に謝罪して、すぐに出品をとりやめれば、大抵の場合は大丈夫なようです。

その際、「もう二度と、出品する意図はありません!」という気持ちをしめすために、セラーセントラルから、アマゾンの「SKU」も削除しておくことをおすすめします。

まとめ:メーカーが無言で嫌がっている商品を察知する方法

今回はアマゾンの規制のなかで事前に察知するのがむずかしい「無言のメーカー規制」についてお伝えしました。

 

① 事前にぐぐって、あらかじめ警告がきそうなメーカーを知っておく

② 正規代理店と商品名にある、または人気がある商品で出品者が1人だけのときは注意

③ モノレートで出品者数の変動をみる。特定期間で変動がはげしいときは要注意。

 

物販ビジネスは、仕入れのときにもリサーチ、規制をしるためにもリサーチ。

地味な作業のつみかさねです。

でもだからこそ、しっかりと結果もだしやすいんです。

 

そして最後に・・・

もし仕入れたあとに「しまったー!!」となったときは・・・

メルカリやヤフオク、ラクマなどのフリマサイトなどで売れる可能性もあります。

 

フリマアプリの出品はこちらの記事をどうぞ。

本気で起業したいなら:ノーリスクで資金ゼロから2日で起業の軍資金30万稼ぐ秘策2
「リスクゼロ、元手ゼロで2日間で起業資金30万稼ぐ!」 以前はこんな方法ご紹介しました。 今回は家に眠っている不用品を売ってお金を稼ぐ方法、お伝えしますね。 まさに元手ゼロ! 売る場所は、ネット上のヤ...

 

あなたのアマゾン物販&起業の成功、願っています!

 

saruko
saruko

フリマアプリ、少しずつ文化や特徴が違います。

さるこは、マイナーながら、「ラクマ」が好きです^^

ご質問・コメントなどあれば、お気軽にどうぞ♪

 

コメント