「影響力」永松茂久著 徹底レビュー:個人がブランド力をつける時代

ビジネス本

永松茂久さんの新刊本、「影響力」をレビューします。

永松さんは、日本の長者番付1番を連続で取った斎藤一人さんのお弟子さんです。

本の中には、「稼ぐための」ひとりさんの教えのエッセンスがつまっています。

永松茂久さんってどんな人?


大分、福岡で5店舗の飲食店と2店舗のフィットネスクラブを経営するかたわら、2017年より東京麻布十番に拠点を構え、出版、セミナー講師、コーチ、コンサルタントを目指す人のための人材育成スクールである「永松塾」を開講。口コミで全国から人が集まるオンライン講座「未来会議」「湘南未来実現合宿」、指導者を目指す人のための「永松塾メンターズカレッジ」「ブランディングコンサルティング」の4つの柱を元に、多くの若者たちの指南役 として活躍中。
参照・出典元:http://nagamatsushigehisa.com/profile.html

 

最初は 地元のたこやき屋さんからスタートした永松さん。
その後、陽なた屋(ひなたや)というレストランを経営して、大成功。
感動することができるお店として、遠隔地から人が訪れます。

多角化されていくなか、本も出版されています。

 

私がはじめて永松さんを知ったのは、永松さんが書いた「斎藤一人」さんの本を通してです。

斎藤一人さんは日本の長者番付1番を連続で取った人です。永松さんは斎藤一人さんから教えてもらった教えを、本にして出版しています。

「成功するには、成功し続けるには、どうすればいいのか?」

この質問の答えは、「外ではなくて自分の中にある」ということです。

つまり「成功する自分になる」ということですね。

本の中では永松さんが一人さんから教えてもらった 成功者のマインド、対人関係を、とってもわかりやすくつづっています。

 

斎藤ひとりさんのお弟子さんの書いた本はほかにもありますが、ほとんどの本が ひとりさんが「すごい人」前提で書いてある気がします。

斎藤ひとりさんが既に大好き、という人には良いのでしょうが「別にひとりさんファンってほどでも・・・」という場合は、そのノリに、ちょっとひいてしまう気がします。

私が読んだ限り、永松さんが書いたひとりさんの本が、一番、論理的です。

一人さんの教えを間接的に受けた気持ちになれる良本です。

「影響力」レビュー

この本の主題は「自分のブランド化」

これからは「個の時代」です。

今までのような会社名や肩書だけでは生きていけません。

そんな時代で、自分のマーケティング、そしてブランド化が必要になります。

これができれば、世の中に大きな影響力をもつことができるようになります。

本書の主題は、まさにこの、自己ブランディングです。

 

ちなみに「これからは個の時代」というのは、斎藤ひとりさんが昔言った言葉だそうです。

今回の本には、意図的にか、「斎藤一人さん」の名前は出てきません。

ただ、永松さんの書かれた他の本を読まれた方なら、「一人さんが言った言葉だな」、とわかるかと思います。

 

具体的には、下記のようなトピックが書かれています。

①自分が人に与えられるメリットと強みを明確にする

②お客様像を明確にして戦略をねる

③お金に対するメンタルブロックをはずす

④メンターを得る

⑤本を出版して影響力をもつ

 

読んでいて、グッときた部分を、レビューしていきますね。

①自分が人に与えられるメリットと強みを明確にする

自分の影響力は、次の式で作られます。

影響力=メリット×実績×あこがれ×好感度

このなかで足りない部分があれば、のばしましょう。

このなかで一番大事なのは、メリット。

つまり、「自分が相手に何を与えらるのか」です。

②お客様像を明確にして戦略をねる

自分にとってお客様となるペルソナ像を、明確にして、戦略をねること。

そして、その人がもっている不満を解決すること。

そのための方法は、次のとおりです。

 

お客様のところへいく!

「マグロがつりたければマグロがいる場所にいく」

自分にとってのお客様がいるところにいくことが大事です。

 

お客様をおとす戦略をねる

お客様像がきまったら、「ヘッドピンをおとす」

ヘッドピンとは、ボーリングをやる際に、「これを倒せば、他もとれる」というキーになるピンのことです。

家族向けのお店を繁盛させたいとき。本当にカギとなるターゲットは大人ではなく、実は、子供です。

たとえば、レストランにすてきなキッズルームを完備してあげるとか、子供向けのサービスを充実させると、子供がその店にいきたがります。すると、その親もその店に何度もくることになります。

子供を落とせば、親もついてくるわけです。

つまり、「これを倒せば、他もとれる」というヘッドピンは、表面的なターゲットである親ではなく、「子供」なんです。

「だれがヘッドピンか?」「だれを落とせばいいのか」、お客様像=ペルソナを決めたら、それに沿った戦略を練って、サービスを決めるのが大事です。

 

問題を解決してあげる

お客様を明確にできたら、お客様の問題を解決してあげます。

それだけで、いろんな商売のアイディアがでてきます。

そのなかには、すぐにできる、すごく簡単で、即効性が高いものもあります。

 

たとえば、永松さんが以前、屋台のたこやき屋さんをやっていたとき。

近所の店におされて、全然人がこなかったそうです。

その時期はちょうどサッカーワールドカップの時期。

他のお店に並んでいるお客様が「ボディーペインティングでもサービスしてくれればいいのに・・・」

とつぶやいているのを聞いた永松さんは、早速材料を買ってきて、たこ焼きを買ってくれた人には無料でボディーペインティングサービスを開始しました。

結果、大繁盛。

翌日から他のお店も同じことをしだしたそうですが、そのときには、永松さんのお店は充分に売上をあげることができていました。

 

③お金に対するメンタルブロックをはずす

かつて永松さんは、自身のお店で、無料で経営アドバイスもしていたそうです。それによって、どんどん疲労していきました。

ある人からアドバイスをもらい、それからコンサル料金を取るようになりました。そうすることで、アドバイスを受ける側も本気になります。

 

ただ、そうできるまでに、葛藤がありました。お金をもらうことへの罪悪感が、原因です。

実体がないものにお金をもらう、ということに、罪悪感があったわけです。

このメンタルブロックをはずすことが、大事。

 

値段は支払ってもらう額でなく、与えられる価値で考えること。

1万円をもらっても、1000円の価値しか与えられなければ、9000円の損をさせたことになる。

10万円をもらっても、100万円の価値を与えられれば、90万円の特をさせたことになる。

 

影響力をもつ人になるには、人からお金を取ることに目をむけず、人に与えられる価値観を意識することが大切です。

 

「影響力」レビューまとめ

④メンターを得る

⑤本を出版して影響力をもつ

については、本記事では割愛しますね。

面白そうだな、と思ったら、読んでみてくださいね。

一流の経営者が書いた本だけあって、「商売の仕方」に関する部分は、さすがに面白いです。

前に書かれている本とかぶる部分はあるものの、永松さんの生きた経営経験が具体例として一緒に書かれていて、とっても わかりやすい。

 

すこしマイナスに感じた点を言うと、トピックが少し、ばらついている感じはしました。本書の主題である「影響力をもつ」という主題と、「商売の仕方」、違うコンセプトの話が、きれいに混じりあっているというより、違和感がある感じです。

 

またもうひとつ、メンターをもつことの大事さや、どうメンターに接するか、本の出版の大事さといったトピックには、あまりぐっときませんでした。

メンターをもつことや出版することが大事なのはわかるのですが、「どうやったら良いメンターが得られるのか」「本を出版するそこに至る前にどういった人脈や実績を作れるか」、そもそも、こういった部分が、むずかしいように思います。

ただ、そちらのあまりページがさかれていないのが少し残念でした。

 

マイナスに感じた点を書きましたが、ただ全体として、面白い本です。

「自分のブランド化」というのは、今後ますます大切になるかと思います。いち早くそれを達成し成功した経営者の本、ということで、参考になる部分はたくさんあります。

今後の著作にも、ぜひ、期待しています。

 

 

コメント